LAVIE(ラヴィ)はIPL方式を採用


LAVIE(ラヴィ)はIPL方式を採用した家庭用脱毛器で、手頃な価格ながら、出力が7段階で調整できるのが魅力です。専用のカートリッジを取り付けることで美顔器として使えるのも嬉しいです。こんな価格帯なのに(実売3万円台)、パワーもあって、スピーディに脱毛でき、比較サイトの現行機種の中でもとくに満足度が高い製品です(マイナス評価がほとんどないのも特徴ですね)。
候補に入れてみてはいかがでしょうか。
脱毛のためにサロンに通わなくても、家庭で手軽にデリケートゾーンの脱毛ができるこの製品は、硬い毛質でも薄くなる効果が実感できるという声が多く寄せられています。
今日このごろは脱毛を全身施す場合の料金がとてもお手ごろになってきました。
最新脱毛法の光脱毛で脱毛が効率よくできてかなり大きな経費削減が実現した結果、脱毛するのに必要な料金が以前よりずいぶん安くなったのです。
特に大手人気エステ店の中には、全身脱毛が一番安く受けられるお店もあってすごく人気です。
ニードル脱毛であればムダ毛の色素が薄かったりして脱毛が行いにくい場合や色素沈着が皮膚にあり、光やレーザーで脱毛が出来ない箇所でも永久脱毛をキレイにすることができるようになっています。
一本一本のムダ毛に対して、電気処理を行っていくため、施術時間は長くなってしまいますが、その分、必ず脱毛することができます。
定期的に通っていた脱毛サロンがなくなってしまったために、まだ契約が残っていたのに施術を受けられなくなってしまったと困っている方もよくいます。
会社自体がつぶれたわけではなく、よく利用していた店舗だけがなくなってしまって、別の店舗での施術が受けられるならいいですが、返金を頼んでもお金を返してもらえず、施術を受けることができない場合がありますから、一括前払いするのはやめたほうがいいでしょう。ローンで毎月少しずつ支払うようにすれば施術前の分のお金は支払わないで済むので安心です。脱毛サロンのコースは6回というものが多いですが、脱毛する部位によって6回では脱毛がうまくいかないこともあります。
人それぞれですので、6回で十分だと感じる人もいますが、施術をまだ受けたいと思うことがたくさんあるでしょう。
回数を増やした場合の料金については、施術を受ける前に確かめておくことが大事だと思います。特殊な光線をお肌にあてるムダ毛処理の方法を光脱毛とよび、毛根にまっすぐ光をあてることによりムダ毛を作れなくする脱毛方法です。光を照射するのは、1度では無駄毛の生えてくる部分の全てを壊すことができないので、発毛周期に合わせて数回行うことが必要です。
脱毛クリニックで行っているレーザー脱毛ならすぐ効果が目に見えてわかりますが、光脱毛は時間をかけないと効果が得られないというのが一般論ですが、痛くなったり、お肌に負担を与えることが少ないのが特徴です。
脱毛器を買う際に、注意するのが値段でしょう。異常に高額なのであれば、エステやクリニックに行った方がお得になる可能性があるので、無視する人はいないはずです。
脱毛器の価格は5万円〜10万円程度です。安価なものだと1万円台で買うこともできます。
ただ、あまりにも安価だと脱毛効果が満足に得られない恐れがあります。
家庭用の脱毛器を使用した脱毛後は、お肌がほてったり赤くなることがありますが、こすらないようにして、早めに風をあてたり水などで冷やすとおさまってきます。また、パックの保冷剤を使うときは、包んだタオルで皮膚がこすれないように気をつけてください。
説明書にもありますが、脱毛後のお肌が赤くなるのは炎症のせいですので、清潔にした患部をよく冷やすことです。
もし、冷やしても症状が治まらないときは、そのままにせず、面倒でも皮膚科を受診しましょう。
体質にもよりますが、患部が乾燥して割れたり、水分がでてきたり、化膿してくることもあるので、放っておいたり、市販薬などに頼らず、専門医に診てもらうべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です